MArKnの日記

思いを綴る。そんなブログ。

一番住みやすい所を考察。中途半端に発展している街が一番住みやすい

 

 田舎に住んでみて

https://cdn.pixabay.com/photo/2015/06/01/00/20/woman-792818__480.jpg

 

 

中途半端な田舎に住んでみて思うことがあります。

近所付き合いも殆どなく、

住宅街から少し離れれば、広大な田んぼが広がり、

コンビニに行くのに、徒歩10分

スーパーに行くのに、徒歩20分

実家はこの倍の距離だったので、

まあまあ、発展していると感じてはいました。

 

慣れと言うものはなかなか怖いもので、

 

住んでいる時間が長くなるほど、

不便さが際立ってくるのです。

 

 

人はやはり常に利便性を求める生き物です。

楽を覚えると元の環境に戻ることに抵抗を感じるものです。

 

言い方は悪いかもしれませんが、

中途半端に発展したところに住むのが一番ではないかと思うわけです。

 

 

都会に住んでみて

https://cdn.pixabay.com/photo/2015/02/24/13/23/city-647400__480.jpg

 

東京都心や、

名古屋駅周辺、大阪駅周辺など

大きな県の中心街のところは、

必要な物はなんでも揃うし、

駅が充実していて、

何処へでもすぐにいける環境にあるわけです。

とても便利な環境です。

 

しかし、私は人混みが苦手で、

なんでこんなに人が多いのだろうと、

人混みに揉まれながらふらついております。

しかも以上に賃貸が高い。。。

1Rで5万、、

「嘘でしょ。」と思うわけです。

しかも、その価格なら築がものすごいわけです。

 

 

中途半端な街が住むのが一番ではないかと思う。

 

中途半ぱな田舎ですと、

不便極まりないです。

ほんまもんの田舎では、近所づきあいやら、イベントやらで、

たいそうめんどくさいことになりますね。

買い物行くにも自動車がないと、

外出するにも億劫です。

家に他人を呼ばれるのは、居場所がなく居心地悪く辛いものでした。

 

 

都心のようにかなり発展している環境ではないけれど、

ある程度、必要なものが手に入る環境が一番ではないかと思い始めました。

 

中途半端な都会というと、

・人付き合いがほぼない。

・人混みが穏やか。

・ある程度自然が残っている。もしくは公園がある。

・必要なものはある程度手に入る。

・駅やバスなどの公共交通機関が揃っている。

・賃料も中心街に比べればだいぶ格安。

 

そんな環境に住むのが一番ではないかと感じます。

 

 

名古屋駅の混み具合は、いつまで経ってもなれないものです。

東京駅はよりすごいので目も当てられんです。