MArKnの日記

思いを綴る。そんなブログ。

小山昇 【小山昇の超速仕事術】 読んでみた感想

小山昇の超速仕事術

・電光石火の判断力と実行力が求められる
・最初から「やらないこと」を明確にし、それを徹底する。
・「やらないこと」を決めることが重要。
・「鉄砲は売らない、弾を売る」
・動作ではなく、スタートを早くする
・怠けたい気持ちにフタをしない
・人真似を恥ずかしがるな
・公私混同を禁ずるのはナンセンス
・メモは忘れるためにする
・「わかった、俺に任せろ」は禁句
・「人前で叱る」ことをためらわない
・無駄な会議を根絶する
・ 変化は我が社の都合を待ってくれない。
・コミュニケーションを合理化しない
・コミュニケーションは情報と感情のやりとり
・よく働く上司を評価しない
・人の教育なくして、会社の成長はありません。
・大器晩成を信じるな
・マーケットにはお客様とライバルしかいない。
・ITは「操作技術」ではなく「利用技術」が重要

小山氏の膨大な仕事量を効率よくすすめていく方法を本著では述べられている。
本著ではやることよりやらないことの方が重要であると言われている。仕事の取捨選択をすることで判断を早めることで、誰よりも効率よく仕事を済ませていくことができるとのこと。私は常々人は怠惰であるべきだと考えている。怠惰だからこそ、人は技術を発展させてきたと考えている。仕事でもやらないことを明確にして、やらなくていいことはやらない。やることも如何に効率よくすすめるかを常に考え続けることが大切だと感じている。