MArKnの日記

思いを綴る。そんなブログ。

いい上司とは何か

 


所長、部長になったらマネージメントが大事になります。

それを行うためには知識が必要で業務なら尚更必要ですね。

そうでないとどれがどれくらい時間がかかるのか把握し、また、業務を教えることもできません。
マネージメントするためには、時間が必要です。時間があるには暇でないといけない。暇であるためには部下ができるように教育しないといけない。下がついてくるようにはユーモアや情熱も必要でしょう。
私は怠惰であるべきだと思います。人は怠惰だからこそ技術を発展してきました。
人は楽したいから井戸をつくりました。
人は楽したいから機械、ITを発展させてきました。怠惰こそ人の成長に必要なことです。
頑張り屋さんは現状でもっとたくさんの事を抱え込む人だと思います。
そういう人は時間におわれて他に手をかける暇がありません。そういう人が上司になってほしくないと思います。

 

だから私は怠惰でありたい。