MArKnの日記

思いを綴る。そんなブログ。

いつも同じ服を着るメリット

 

「服を考える時間を減らしたい。」

その想いから、

ここ半年あまりで着る服をどんどん処分しております。

 

私はファッションセンスが絶望的にありません。

スーツ着てれば問題ないよね?

ってことで、服装自由な職場でスーツを着て働いておりました。

単純にスーツが好きなのもありますが、、、

 

ふと、服装自由な職場でスーツは固すぎるなと自覚した私は、

とりあえずジャケパンスタイルをベースに服を選定し、

毎日同じ服を着ることは流石に勇気が出ませんでしたので、

 

現在は、

  • シャツ4枚(2色)
  • ズボン4枚(2色)
  • ジャケット2枚(2色)
  • コート1着(1色)

ミニマリズムではありませんが、

10着前後を基本に、1週間を回しております。

服装自由な職場もあいまって、仕事着、普段着、部屋着を統一化致しました。

ジャケパンであれば、よっぽど厳格なところでない限りTPO的にも問題ないかと思います。

 

今の季節はまだ暑いですので、

シャツとズボンだけで生活しております。

 

同じ服を着るメリット

服を極端に減らして得られるメリットとして、

  1. 着る服に迷う時間を短縮する。
  2. いつも気に入った服装でいられる。
  3. 心にゆとりを持って外出できる。
  4. クローゼットがスッキリする。

だいたいこんな感じかと。

 

デメリットは・・・

特に感じませんね。

全て1色しかないとデメリットも出てくるかもしれませんが、

色の組み合わせが8パターンほどあれば困ることはないですね。

知り合いが一昨日着てた服なんぞいちいち覚えてられませんし、

周りも私の服装なんぞ覚えてないでしょう。

 

 

その日着る服をあれよこれよと考えることも楽しいかもしれませんが、

満足いくまでに、思った以上に時間がかかるものです。

自意識過剰と思っていても、「変な格好だと思われてないかな…」と不安になることもありました。

服を色々買ってみてはみたものの、お気に入りの服や組み合わせというものが自分の中にあって、特定の服を着る頻度も多かったです。

そういうこともあり、極端に減らしてみました。

結果、コーディネートを考える時間も減りました。

時間に余裕ができれば、心にゆとりを持って、いつも気に入った服装で外出できますので1日気分いいです。

 

また、着る服が少ないのでクローゼットがスッキリします。

衣替えという概念は無くなります。

夏はシャツ1枚で腕まくりすればいいですし、

春や秋はジャケット羽織ればいいかと。

冬はコートを1着羽織り下着類で調節すれば過ごせるかと思います。

 

ちなみに、これを機に靴下も黒1色にしてみました。

わざわざ靴下の片割れを探す手間もなくなり、穴が開いたら無事なやつと組ませることで使用できますし。

 

なかなか服を減らすのに勇気は入りましたが、

以外とノリでなんとかなるもんですね。